0120-555-202
年中無休・9時~23時(土日祝も受付)

「スッキリ」で紹介された話題の学習法をご紹介!
中学受験で結果を出すならマンツーマンのトライ

教育プランナー
トライさん

中学受験で結果を出すならマンツーマンのトライ

110万人の指導実績から生まれた、
マンツーマン指導ならではのトライ式学習法とは?

トライ式学習法は、創業以来、トライがマンツーマンの効果を高めるために
研究を続けてきたオリジナルの学習法です。
110万人の指導実績に基づいて体系立てたトライ式学習法で、
これまで多くの子どもたちを中学受験合格や目標達成に導いてきました。
マンツーマンならではの学習法から生活習慣の改善、受験に向けてのアドバイスまで、
お子さまの能力を最大限に引き出します。

トライ式学習法の一部をご紹介します。

【ダイアログ学習法】
“先生役”になって理解を深めよう!

「先生に教えてもらった時は理解できていたのに、テストになると解けなかった」という経験はありませんか?実は授業を受けるだけでは、その内容は1割ほどしか定着しないと言われています。
トライでは、お子さまが先生役になって、習った内容を担当の先生に説明するという、「ダイアログ学習法」を取り入れています。自分の言葉で説明することで、授業の理解度を大幅にアップさせることができます。

先生の授業を受ける
先生に説明する

【オーダーメイドカリキュラム】
目標達成に向けて学習計画を立案!

志望校合格や成績アップなど目標達成までの道のりは一人ひとり異なります。トライでは、お子さまの現時点の学力状況や生活リズム、志望校の出題傾向に合わせて「何を」「いつまでに」「どのように」学習すれば目標達成できるかを明確にした、オーダーメイドのカリキュラムを一人ひとりに合わせて作成します。進学塾に合わせたカリキュラムもご提案できます。

プランニングシート(例)
年間カリキュラム(例)

【トライ式 性格診断】
自分の性格に合った方法で勉強しよう!

「友達の勉強方法を真似てみたけど、なかなかうまくいかない」ということはありませんか?実は、性格によって効果が出やすい勉強法や、やる気の出し方が違ってきます。
トライではお子さまの性格を9つのタイプに分類し、それぞれの特性に合った指導法や
アドバイスを行うことで、学習効率を高めています。

例えば...

リーダータイプ
挑戦に値する目標を立てるとより一層努力できるタイプです。自分の感覚で、やると決めた時に一気に取り組むことが得意なので、”無理矢理机に座らせる”といった行動はNG。
のんびりタイプ
穏やかな性格で、物事を丁寧にゆっくりと考えることが得意なタイプです。急がせてしまうと本来の力を発揮できません。一度学習習慣が身につけば、大きな成果を上げることができます。

まずは性格タイプを診断して、自分に合った勉強法を見つけましょう!

第一志望校を軸に併願校を選ぼう!

受験する中学校は、お子さまの性格や学校の雰囲気・指導カリキュラム・進学実績、通学時間などをもとに決めることが大切です。それらを踏まえ、現在の学力に合わせて受験校をリストアップしてみましょう。そして、一番行きたい中学校を第一志望とし、チャレンジ校や安全校などの併願校を決めていきます。併願校を決める際のポイントは、第一志望の出題傾向に似かよった学校を選ぶことです。第一志望と併願校の過去問の傾向を照らし合わせることが大切ですが、今回はご家庭でも簡単にできる方法を紹介します。

出題傾向を大まかに把握する
  • スピード型
    試験時間が短く、設問が多い
    →計算処理力・正確性が問われる
  • ゆっくり型
    試験時間が長く、設問が少ない
    →思考力・発想力が問われる
学校別の傾向を知りたい方は、教育プランナーまでご相談ください。
第一志望校を軸に併願校を選ぶ
2/1 2/2 2/3 2/4 2/5
併願校
(チャレンジ校)
第一
志望校
併願校
(安全校)
併願校
(チャレンジ校)
併願校
(チャレンジ校)
併願校
(安全校)
第一志望校の入試日程を軸に、併願校を選んでいきます。同じ日に併願校の入試日程が重なることがありますが、合格発表を見て判断できるよう、両方に出願しておく方法もあります(W出願)。

過去問演習の取り組み方

入試本番での得点力を高めるには、過去問演習の取り組み方が非常に重要です。早期から過去問を解き、解法パターンをつかんでおきましょう。特に以下2点を意識してください。

  • ① 解く順番と時間配分を決めてから解答を始める
  • ② 制限時間の75~80%の時間で解く訓練をする
(例)試験時間が60分の場合
解答順と
時間配分を決める
1分
制限時間の75~80%で解く
45~50分
見直す
10~15分
問題を解き始める前に全体を確認し、解けそうな問題がないか、時間のかかりそうな問題がないか瞬時に見極めましょう。残った時間は見直しにあて、ケアレスミスや計算ミスがないか確認してください。

問題を解き終えた後は、合格最低点との差を確認しながら復習しましょう。
例えば、合格最低点が290点で過去問演習の結果が260点の場合、残り30点必要です。国語で記述問題を1つ正解して5点、算数で小問集合を2つ正解して10点といったように、30点を取るために各教科で何点上積みすべきか考えます。
特に「よく考えれば解けていた問題」や「時間があれば解けていた問題」から優先的に復習を行い、得点源を確保しましょう。

過去問演習の結果 得点 目標点
国語 70 75
算数 80 90
理科 50 55
社会 60 75
合計点 260 295
合格最低点 290 (+5)
合格最低点との差をもとに、教科ごとの目標点を見直しましょう。

入試直前にやるべきことをアドバイスします!

トライでは学習面や生活面など様々な観点から、入試直前に取り組むべきことをアドバイスします。
その一部をご紹介いたします。

入試直前の問題演習のやり方

  • 国語
    問題集を使い、漢字やことわざ、慣用句などの語彙問題を眺める
    全ての問題を書き出すと時間がかかるので、頻出問題や間違えやすい問題、これまでよく間違えていた問題を中心に見直しを行いましょう。書き取りに不安のある漢字のみノートに書いて確認すると良いです。
  • 算数
    不安な単元を中心に、問題集の解答・解説を読み込む
    解き方の手順を思い浮かべたら、解答・解説でその手順が正しいかどうか確認します。
    「問題を見る→解答を思い浮かべる→解答・解説を見る」を繰り返し、理解が曖昧な部分をなくしましょう。
  • 理科
    社会
    一問一答形式の問題集を使い、ノートに解答を書かずに答え合わせをする
    答えを思い浮かべたらその場ですぐに解答を見て、学習した内容の抜け漏れを確認しましょう。
    理科・社会の時事問題についても、これまで使ってきた問題集を使って最終確認すると良いです。

試験前日・試験当日にやるべきこと

[試験前日]
  • ・万が一に備え、受験番号を控えておく
  • ・忘れ物を防ぐために持ち物リストを作成する
  • ・天気予報を確認し、悪天候が予想される場合は
     早めに家を出る予定を立てる
[試験当日]
  • ・リラックスすることが最優先
  • ・水分補給、トイレ休憩を行い体調を整える
  • ・時間に余裕があれば、暗記項目や公式などを
     まとめたプリントを見る

保護者ができる取り組みもアドバイスします!

入試までの頑張りを一番近くで見てきた保護者の方からのサポートが、お子さまにとって大きな支えとなります。トライではお子さまだけでなく、保護者の方に向けたアドバイスもしております。

試験開始時間に合わせて
生活リズムを整える
試験は朝から行われるため、「朝型」の生活リズムを変えるのではなく、30分ずつ徐々に早め、身体を慣らしていきましょう。
朝ごはんを
毎朝食べる
朝ごはんを食べないと頭も身体も目が覚めません。普段朝ごはんを食べる習慣がない人が突然食べるとおなかが痛くなることもあるので、毎日食べる習慣をつけておくことが大切です。
ビタミンB・Cを
多くとる
大きなストレスは脳内の記憶を司る細胞にとって大敵です。受験期はいかに良好な精神状態を保てるかが大切です。ビタミンB・Cを多めにとるように心がけましょう。
子どもにプレッシャーを
感じさせない声かけを行う
入試が近づくにつれ、子ども自身は心身ともに緊張が高まります。余計なプレッシャーを与えないよう、これまでのお子さまの頑張りを承認する声かけを心がけるとよいでしょう。

お子さまに声かけをする際のポイント

  • ・試験会場までの移動中、子どもにプレッシャーを与えないよう、いつも通りの会話をする
  • ・試験会場で見送りをする際は笑顔で送り出し、子どもが見えなくなるまでその場にいる
  • ・試験後は結果を尋ねるのではなく、「頑張ったね!」など前向きな声かけを行う

中学受験の様々なお悩みに
お応えいたします。

これから中学受験対策をはじめるお子さまから、
すでに中学受験対策をしているお子さままで、
現在の学年や学力、志望校に合わせた指導が可能です。

小6

志望校に特化した過去問対策

進学塾の学習サポート

小5

応用・発展問題の対応力養成

苦手科目の集中特訓

小4

中学受験の基礎固め

文章問題・記述問題の対応力養成

小3~
小1

中学受験に向けた基礎学力養成

勉強法・勉強習慣 定着サポート

上記は一例です。この他にもお子さまの目的に合わせてプランを作成します。
回数・料金など詳しくは、お問い合わせください。

全国の進学塾のサポートに対応しています
SAPIX、早稲田アカデミー、四谷大塚、日能研、
浜学園、希学園、馬渕教室、能開センター など全国の進学塾

個別教室のトライは全国No.1。
教育プランナー 「トライさん」が、
完全オーダーメイドの学習プランでサポートします。

教育プランナー「トライさん」が
学習カリキュラムの作成や、お子さまに合った講師の選定を行うほか、
ご家庭の悩みに寄り添う存在として、お子さまの学びを総合的にサポートします。

結果で応える
厳選された講師
厳選された講師の中から、志望校や目標、お子さまの性格による相性などを総合的に分析して、最適な講師を教育プランナーがお選びします。
選び抜かれた講師陣

教育プランナー
トライさん

全国No.1
トライ式学習法
トライには、効率的に成績を伸ばすための確かなメソッドがあります。110万人を超える経験と実績、そして脳科学や教育心理学に基づいた指導で、他の家庭教師や塾とは一線を画す結果を出しています。
トライ式学習法とは
目的に合わせた
多彩なサービス
難関校受験に向けた特別コースや夏合宿、日曜特訓、映像授業など、あらゆるニーズにお応えする多彩な学びのオプションをご提供します。

教育プランナー「トライさん」とは?

「トライさん」は、各ご家庭専任の「教育プランナー」です。
個別教室の先生とは別に各ご家庭に専任の「教育プランナー」がつき、
授業がより効果的に、かつスムーズに進むようにサポートします。
教育プランナーはお子さまの学習状況を多角的に分析して、
成績アップや志望校合格などの目標達成のために
一人ひとりに合わせたプランニングを行い、きめ細かくフォローします。

専任の教育プランナーが、講師と連携し
お子さまの目標達成に向けてサポートします。

教育プランナー
難関校受験専任 教育プランナー
宝田 亮祐
東大寺学園中・高出身
東京大学 文学部卒
担当した中学受験生は500人以上。一人ひとりの苦手科目や目標設定に基づき、学習法を個々に合わせて提案。記述問題・思考問題が多く出題される中学の対策を得意とし、生徒の思考力を高める教育を心がけている。
講師
中学受験専門 プロ講師
澤 寛高
洛南高出身
東京大学 文学部卒
合格実績慶應義塾中等部、慶應普通部、早稲田、早大学院、武蔵、駒場東邦、広尾学園、聖光学園、海城、攻玉社、渋谷教育学園渋谷、青山学院、豊島岡女子、他多数

どんなお悩みも私たち教育プランナーにご相談ください。
一人ひとりのお子さまと真摯に向き合い
最適な講師、学習環境、勉強方法を提案します。

東京大学大学院修了
大西 未紗
東京大学卒
宝田 亮祐
京都大学卒
吉良 崇恒
京都大学卒
英 あかり
大阪大学卒
楠本 雅史
慶應義塾大学卒
入江 高史
慶應義塾大学卒
岡 拓也
早稲田大学卒
釜瀬 幸一郎
早稲田大学卒
佐藤 真理
早稲田大学卒
榎本 千紗都
北海道大学卒
村上 誠
お茶の水女子大学大学院修了
澤田 詩織
横浜国立大学卒
木村 隆広
九州大学卒
森次 裕子
同志社大学卒
小椋 真衣

教育プランナーの一部です。

トライには結果を出せる講師がいます。今なら、2019年度入試の合格実績講師を優先的にご案内します。

「トライさん」がお子さまの目標と現状学力から、
オーダーメイドカリキュラムを作成し、厳選された講師の指導で結果を出します。

選ばれ続けるのには理由があります。
学習のお悩みは、トライさんにご相談ください。

今なら、資料請求いただいた方に
「トライ式 成績アップに必要な20のルール」をプレゼント!

※申込フォームの自由記入欄に「20のルール」とご記入ください。